戦場ヶ原の草紅葉のベストな攻略法/見た人だけこっそり教えます!

戦場ヶ原 観光スポット

戦場ヶ原の草紅葉は有名です。そして誰もがベストな時期に行きたいものです。そこで今回は、この記事を読んだ人だけ、こっそりと戦場ヶ原の草紅葉のポイントやベストな攻略法を教えます。

 

 

今回のターゲット

今回のターゲットは、戦場ヶ原の草紅葉の見頃時期はいつがよいのか、またベストなハイキングルートはどうすればよいのかをターゲットとします。

そして、玄人向けではなく一般向けとします。

 

 

交通の条件

交通の条件としては、今回は車です。なぜなら車でないとアクセスが悪いからです。

 

 

交通費

今回のオススメプランでは、交通費が少しお高めです。

しかし、戦場ヶ原の草紅葉見頃時期に行くチャンスは1年に1,2回しかないので、それを考えれば許せる金額と考えます。

 

 

天気

天気はもちろん晴れの日を狙ってください。草紅葉が見頃でも天気が悪いと良さが半減してしまいます。

もし、その年にチャンスがなければ次の年に持ち越すのも一つの手です。

 

天気は重要です。

 

 

戦場ヶ原の草紅葉の見頃時期

まず、押さえておきたいのが戦場ヶ原の草紅葉時期です。私の感覚では、毎年9月下旬から10月上旬にかけてが戦場ヶ原の草紅葉の見頃時期です。

 

特に意識してほしいのが、9月30日を基準にして訪れてほしいということです。これには訳があります。

なので読者の方は9月30日前後を中心として、戦場ヶ原の草紅葉を攻略してください。理由はこの後に説明します。

 

 

9月30日を基準とする理由

戦場ヶ原の草紅葉の見頃時期は偶然知りました。それは、戦場ヶ原の草紅葉の見頃時期はいつがよいかネットで調べていたときのことです。

東武鉄道で「戦場ヶ原の日帰り草紅葉観賞ツアー」みたいのがありました。それは週末の1日限定でした。土曜か日曜かは忘れました。

 

その募集で9月23日と9月30日の2日だけ、草紅葉ツアーというものでした。

試しに申し込み状況を見てみたら、9月30日は満員で申し込み不可、9月23日のほうはまだ申し込みが可能でした。

 

こういうときはツアー客は、どの時期が草紅葉の見頃か知っているはずです。

この申し込み状況から、「9月23日では草紅葉がちょっと早く、9月30日は草紅葉が見頃」と推測しました。

 

間接的にツアー客から見頃時期を教えてもらいました。

なので、この情報だけは参考にしてツアーには申し込まず、レンタカーを借りて友だちと9月30日に戦場ヶ原に行きました。

 

自分の推測と狙いは当たりました。キレイに草紅葉した戦場ヶ原を観賞することができました。あと9月30日というのがポイントです。

10月になると紅葉というイメージが湧き、観光客が多くなるからです。

 

なので心理作戦的にも9月30日前後をターゲットに読者の方は戦場ヶ原に行ってほしいと考えます。

9月中なら観光客もまだ少ないと思います。これが9月30日を基準とする理由です。

 

 

■画像 戦場ヶ原の草紅葉

画像1

 

 

戦場ヶ原の見頃時期と混雑

9月30日に戦場ヶ原に行きました。そしてキレイな草紅葉を観賞できました。

9月ということもあり、観光客はまばらでした。観光するには人も多くなく適度でよかったです。

 

10月になると観光客は多くなると考えます。

 

 

車の交通

東京から日光までなら、ちょっと距離があり、ちょっと時間はかかりますが、よいドライブになります。

まずは、赤沼駐車場を目指してください。そこがハイキングの起点になります。

 

 

行き帰りの参考情報

参考情報として9月30日に行ったときは、行きは約3時間半かかりました。

東北自動車道は一応80キロくらいで流れていましたが、車はそこそこ混んでいました。

 

観光シーズンなので仕方ありません。帰りは夜遅くに帰ってきたため、道がすいていて2時間半くらいで帰れました。

 

 

電車の交通

電車の場合は、電車とバスを乗り継いで行かなければならず、しかもいろいろとアクセスが悪いと考えます。

電車とバスで行けないことはないと思いますが、戦場ヶ原の場合は車で行くことをオススメします。

 

 

日没時間

9月下旬の日没時間は早いです。18時には真っ暗になります。16時くらいには日が傾きます

なので、太陽の光が降り注ぐ明るい、午前中、または日中の15時くらいまでが戦場ヶ原ハイキングの勝負です。

 

 

小田代原もオススメ

実は自分は小田代原をあまり知りませんでした。戦場ヶ原をネットで調べていると、たまに小田代原という地名を見かけます。それで気になりました。

戦場ヶ原から比較的、近いみたいなので、戦場ヶ原にいくついでに行ってみるかくらいでした。

 

でも実際に、小田代原に行ってみたら戦場ヶ原と同じくらいによいスポットでした。

なので小田代原を知らない方は、小田代原にも行ってみてください。戦場ヶ原と一緒に観光してみてください。

 

とてもすばらしいところです。僕のオススメです。

 

 

■画像 小田代原の草紅葉

画像2

 

 

低公害バス

なんか戦場ヶ原の方に「低公害バス」が走っているというのを詳しくは知りませんでしたが、うっすらは知っていました。

でもこれがどこを走っているのかまったく分かりませんでした。そのなときこちらのホームページがたいへん参考になりました。

 

初心者の人でも、こちらのホームページを一通り読めば低公害バスの概要がつかめると思います。こちらのページ、低公害バスについてたいへん勉強になります。

 

参考記事 → 低公害バス | 日光自然博物館

 

画像3

 

 

低公害バスの簡単な説明

簡単に説明すると、赤沼駐車場あたりから、中禅寺湖の西側にかけて森の中を走る一本道があります。こんな感じ。

 

■写真

画像4

 

ここは昔は、一般車も通行できたようです。しかし自然保護の目的から一般車は通行禁止にして低公害バスだけ通行できるように規制したそうです。

なお、低公害バスは赤沼駐車場が起点になります。赤沼駐車場にログハウスみたいな建物がありますので、そこがバスの停留所、出発地点になります。

 

■ログハウス

画像5

 

うーん、中禅寺湖の東側なら華厳の滝があり有名ですが、一般の人は、あまり中禅寺湖の西側に行こうとは思わないはず。

自分も低公害バスを詳しく調べるまで、中禅寺湖の西側に行けることすら知りませんでした。まあ、低公害バスについてはこんな感じです。

 

■バスルート

マップ2

画像引用:日光自然博物館

 

 

一般観光客向けのハイキングルートを考える

とりあえず自分の中で、小田代原と戦場ヶ原をハイキングしてみようと思いました。

そしてgoogleマップや、ネット上の戦場ヶ原のハイキングルートを見ながらハイキングルートを考えました。そして最初に考えたのがこちら。

 

■ルート案1

マップ3

画像引用:日光自然博物館

 

こちらのハイキングルート、赤沼駐車場を起点にグルッと一周する。googleマップとにらめっこしながら、ハイキングルートの全体距離がどれくらいか推測してみました。

そうしたら約8~9km。一般的に徒歩の時速は約4キロといわれます。そう考えると写真を撮ったり休んだりしながらなので約3時間かかります。

 

自分はクライマーではないし一般的な観光客です。ほどほどに軽いハイキングができればよい程度です。このプランは一般観光客にはヘビーなハイキングだと思いました。

そしてもっとハイキング距離を短くできないかと思いました。そこでまた、ネットとにらめっこ。

 

そして当初考えたハイキングルートに沿って低公害バスが走っているのを知りました。

そこで低公害バスを利用して新しいハイキングルートを考えました。それがこちら。

 

■ルート案2

マップ4

画像引用:日光自然博物館

 

今度は、赤沼駐車場から小田代原までは低公害バスで行き、小田代原から赤沼駐車場まではハイキングというルートです。

そしてふたたび、googleマップとにらめっこしてハイキングルートの全体距離がどれくらいか推測してみました。今度は約4~5km

 

これなら休んだり、写真を撮ったりしながら1時間半から2時間程度でハイキングできると思いました。一般観光客にはこれくらいでよいと思いました。

なのでこのルートでハイキングすることに決めました。

 

 

実際にハイキングした感想

実際にルート案2で小田代原と戦場ヶ原の草紅葉観賞、およびハイキングをしてきました。

感想としては、まず赤沼駐車場から小田代原までは低公害バスに乗って行きました。

 

これで3キロくらいは節約でしました。バスに乗って20分くらいで小田代原に着きました。

車窓を眺めていましたが白樺の森を延々と走っていただけなので、この区間はバスで十分かと思います。

 

ハイキングしないでもよいかと思いました。

3キロ分の体力と時間を温存できたのは、よかったと思います。小田代原のバス停に着くと目の前に小田代原の湿原が目の前に広がります。

 

見晴らしがよいです。絶景です。

小田代原から、小田代原→森林→戦場ヶ原→赤沼駐車場の順でハイキングしました。全体的には約2時間弱かかりました。

 

途中、休憩したり写真を撮ったりゆっくりハイキングしました。2時間程度のハイキングだったので一般観光客にとっては程よかったです。

ちなみに自分の体力は強くもなく弱くもなく中程度の体力です。一般の体力の人でしたらルート案2は2時間弱でハイキングできると思います。

 

ハイキング時間も程よく、ビュースポットもしっかり回れるのでオススメです。

 

 

森林ハイキングの注意点

森林をハイキングしているときの注意点です。森林では何回か分岐点があります。とりあえず小田代原を出発したら湯滝に向けて歩いてください。

そして、戦場ヶ原のヘリあたりにきたら、赤沼駐車場に向けて折り返してください。そうすればビュースポットを上手く回れます。

 

分岐点を間違うとビュースポットを上手く回れないので注意してください。

 

 

個人的な小田代原と戦場ヶ原のベストハイキングルート

今回のハイキングルートを以下にまとめておきます。参考にしてください。

 

ポイント

① 赤沼駐車場 ~ 小田代原  (低公害バス)
② 小田代原 ~ 森林 (ハイキング)
③ 森林 ~ 戦場ヶ原 (ハイキング)
④ 戦場ヶ原 ~ 赤沼駐車場 (ハイキング)

 

※ 小田代原から赤沼駐車場までのハイキング時間は約2時間弱

 

マップ4

画像引用:日光自然博物館

 

 

戦場ヶ原の攻略法とポイント

草紅葉見頃時期の戦場ヶ原の攻略法をまとめます。

 

① 戦場ヶ原の草紅葉目的のハイキングは9月下旬にする
→ 9月30日を基準に行くと見事な草紅葉が見られる可能性が高いです

② 車で行く
→ 戦場ヶ原はアクセスが悪いので車で行くと便利です

③ 天気予報を見て晴れの日に行く
→ 天気のよい日に行くのは重要です
→ 草紅葉の見頃時期でも天気が悪いと良さが半減します
→ どうしてもタイミングが悪いときは翌年にするのも手です

④ 低公害バスを利用する
→ 小田代原、戦場ヶ原をハイキングするとき便利です

⑤ 小田代原も一緒にハイキングする
→ 一般的には知名度が低いと思いますが小田代原もよいスポットです

⑥ ハイキングの距離は4~5キロ程度で、時間は2時間程度にする
→ 一般観光客にはこのくらいが適度です

 

 

当日の日帰りおすすめプラン

私がオススメする当日プランを上げておきます。

 

① 東京を8時くらいに出発し、日光に12時くらいに着く
(時間に余裕があれば、日光のスポットを軽く観光する。30分~1時間程度)
② 太陽の高い日中に、戦場ヶ原と小田代原のハイキングする。
(2~3時間くらい)
③ 太陽の傾いた夕方どきに戦場ヶ原をあとにする
④ 夕方の渋滞を避けるためにスーパー銭湯などによる
⑤ 夜に東京に帰る
(夕方に帰るよりも夜に帰るほうが渋滞に巻き込まれる可能性が低いです。また効率的です)

 

 

交通料金

このプラン、交通料金がちょっとお高めですが参考までに上げておきます。

 

・高速代 都内~日光 (往復)      約8000円
・ガソリン代 (往復/約300km)    約3000円
-------------------------
合計                 約11000円

 

※ 1日の交通費は大雑把ですが、約11000円くらいです。
※ レンタカーを借りる場合はさらに費用がかかります。

 

 

まとめ

いろいろ書きましたがベストな草紅葉時期での、戦場ヶ原ハイキングの参考にしてください。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました