はじめての三頭山!ハイキングと温泉をうまく行く日帰り攻略法

滝見橋 ハイキング&温泉

 どうもシケポンです。ハイキングサークルで三頭山ハイキングの企画があり参加して登ってきました。日帰りでハイキングもでき、また、温泉にも行けて面白かったのでレポートします。

 

 

この記事の対象者

 この記事の対象者は、バスの時間を考慮しながら、日帰りで三頭山ハイキングと温泉をうまく回りたい、攻略したい人を対象とします。

 

 -PR-

 

前提条件

 電車とバスを利用して、三頭山ハイキングをしたい人を前提とします。マイカー利用の人は悪しからず。(参考にしてもよいけど)

 

 

今回も・・

 どうも、シケポンです。今回も、しまむらの服を着てハイキングしてきたぞ! てなわけで、一般ピープルの登山レポートだよ。

 

 

三頭山に連れて行ってもらった

 ゆるいハイキングサークルに所属している僕。そのハイキングサークルで三頭山ハイキングの企画があり、行ったことがないし興味があったので参加しました。

 そして三頭山に連れて行ってもらいました。

 

(今回は僕主体でやってません。ただ参加者としてくっついていっただけです)

 

参考サイト
 → 東京近郊ハイキングサークル 「コーヒータイム」

 

 

僕の目玉は温泉だった

 まあ、ハイキングはそこそこ興味があったのですが、僕の目玉としては温泉が目玉でした。

「数馬の湯」ってネットでよく聞くので、1回は行ってみたいと思いました。

 

 ちょうどハイキングの後に、「数馬の湯」に立ち寄るので渡りに船と思いました。

 

 

三頭山はけっこう攻略が難しい

 今回は、くっついていっただけなのですが、後で調べてみたら、三頭山は、けっこう攻略が難しい場所だというのがわかりました。

 

【三頭山攻略の主なネックになるところ】
・バスが1時間に1本しかない
・武蔵五日市駅から都民の森まで、バスで1時間強かかる
・朝の行きはともかく、帰りのバスのタイムリミットが決まっている

 

参考記事
 → 武蔵五日市駅~都民の森 バス時刻表

 

 三頭山は東京の山奥の辺鄙(へんぴ)なところにある。そして、バスは1時間に1本と少なく、かつ、行くのに1時間かかる。

そして、帰りのバスのタイムリミットが決まっている。うまいプランを立てないと攻略が難しいと思いました。

 

 

攻略法の結論

 はじめのほうで、三頭山ハイキングの攻略法の結論を言います。

結論としては、朝は早いですが、我慢して、朝早いバスに乗り、夕方前(日没前)に武蔵五日市駅に戻ってくるのがベターと考えます。

 

この結論の詳細をこれから説明していきます。

 

 

タイムスケジュールはこの1本しかない

 正直、バスと温泉の時間を考えるとタイトです。なので、タイムスケジュール的には、この一本しかありません。そのスケジュールは以下です。

 

09:00 武蔵五日市駅で都民の森行のバスに乗る
 ↓
10:30 都民の森で下車する
 ↓  ・ハイキングを開始する(ハイキング正味3時間)
 ↓
14:30 都民の森で武蔵五日市駅行のバスに乗る
 ↓
14:45 数馬で下車する
 ↓  ・数馬の湯で温泉に入る(正味1時間弱)
 ↓
16:00 数馬で武蔵五日市駅行のバスに乗る
 ↓
17:00 武蔵五日市駅に到着する

 

ポイント1/ 9時のバスに乗る

 武蔵五日市駅で9時のバスに乗り都民の森に向かう。これマストです。

武蔵五日市駅を朝9時集合は早いですが、プランを成功させるためには、これは外せません。

 

 出発を遅らせてしまうと、あとの工程に響きます。なので武蔵五日市駅の出発は、必ず9時にしましょう。

 

ポイント2/ 現地にいる4時間で決着をつける

 都民の森で下車して、また都民の森でバスに乗るまでの現地での4時間で、勝負を決めるのがポイントです。

 温泉も考えると、14時半のバスはマストと考えます。

 

ポイント3/ ハイキングの配分

 ハイキングの分配は、現地(都民の森)で4時間と制限があるので、3時間から3時間半といったところです。

この時間内でハイキングをするのがポイントでありカギです。

 

ポイント4/ 日没前に武蔵五日市駅に戻る

 数馬の湯で温泉に入る。また、夜に飲み会をするなどを考えたときは、夜のスケジュールを考えて、

日没前には武蔵五日市駅に戻っておいたほうが無難と考えます。

日没前には武蔵五日市駅にいたいものです。

 

 また、最終便のバスで戻ってくるには、万一を考えるとリスクが高いです。リスクを考慮して、その1,2本前にはバスで武蔵五日市駅に戻っておきたいものです。

(ハイキング後、温泉にも入らない、飲み会をしないというのであれば、最終便で戻ってくるというのも、アリだとは思いますが・・)

 

押さえておきたいポイントは、こんなところだと思います。

実際に、このスケジュールで行動しましたが、正解でした。(今回は僕が企画を立てたわけではないけど・・)

 

 

都民の森の説明

 正直、今回、三頭山ハイキングという企画に乗っかっただけなので、都民の森を知りませんでした。

ハイキングをし終えた後に、自分で三頭山を調べて初めて、「都民の森」の存在を知りました。

 

だいたいの場所も・・。ハイカーには有名な場所のようです。ちなみに都民の森は東京都と山梨の県境にあります。

詳しくはこちらをどうぞ。

 

参考記事
 → 東京都檜原都民の森 オフィシャルWEBサイト

 

Wikipediaいわく

【引用】
「他県における県民の森に相当し自然を生かし自然に親しむために設立された」

とのことです。

 

 

初めての三頭山ハイキングの攻略法

 都民の森は、いろいろなハイキングコースをいくつか用意してあります

。三頭山山頂を目指さないのであれば、1~2時間のハイキングコースもいくつかあります。

 

 三頭山山頂を目指すのであれば、最短ルートでも3時間は必要とされています。3時間は最低みておくべきです。

 今回、三頭山への最短ルート、「ブナの路コース」をハイキングしましたが、ちょうどよいと思いました。

 

 都民の森が初めてで、三頭山山頂を目指す方は、「ブナの路コース」が無難と考えます。

(今回は、山に詳しいハイカーについて行っただけなので、詳しいことはわかりませんが・・)

 

 

一般人の方は・・

 うーん、一般人の素人で三頭山を目指すのはちょっとと思います。東京の山奥でうっそうとしてますし・・

 できることなら、山に詳しい方と一緒に行ったほうがよいと思います。素人でも大丈夫だとは思いますがねぇ。

 

 

昼食をするところは・・

 三頭山山頂が少し広場になっているので、そこで昼食をするのが無難と思います。

 

 

説明はこの辺で・・

 まあ説明は、この辺にしておきます。

 

 

三頭山ハイキングをした僕の感想

 今回、はじめて三頭山ハイキングをしてきました。登山経験豊富なハイカーの後をくっついていっただけだけど・・

 「ブナの路コース」をハイキングし、3時間程度のハイキングだったので程よいと思いました。あと三頭山山頂にも行けてよかったです。

 

 行きは、こけの生えたルートを登り、「御岳山のロックガーデンのようだな」と思いました。下山は普通の山道かなと思いました。

コースにコントラストがありよかったかな。あと三頭大滝も見られてよかったです。十分ハイキングを満喫できました。

 

 

ハイキング後に知ったこと

 今回は、僕が所属しているハイキングサークルの企画だったので、企画を見ただけで詳しい場所も知らず参加しました。

 まず、参加して初めて都民の森というのを知りました。あと参加した後に確認して、都民の森や三頭山は東京と山梨の県境にあり、改めて山奥にあることを知りました。

 

■グーグルmap

(ジオグラフィカのログです。ちょっと操作あやまったけど・・)

 

 

温泉の感想

 前々から行きたかった数馬の湯。渡りに船と思い、今回、ハイキングついでに数馬の湯にも行きました。

人里離れたところにあるので、なかなか行けないところかなと思いました。

 

しかし、山あいのところに風情ある温泉で、素朴だけど、とてもよかったです。数馬の湯、満足しました。

 

数馬の湯

(都民の森に行った際は、ぜひ数馬の湯に行ってもらいたいものです)

 

 

ハイキングしたときの基本情報

簡単に実際に行った時の基本情報を載せておきます。

日付: 2019年8月
天気: 晴れ
メンバー: 12名
滞在時間: 約4時間
ハイキング時間: 約3時間半
温泉: 数馬の湯

 

 

三頭山ハイキングの画像イメージ

 最後に、三頭山ハイキングの画像イメージを時系列でアップしておきます。(イメージの参考にしてください)

 

レポート1/ 武蔵五日市駅からバスに乗り、都民の森で下車するまで

 武蔵五日市駅から都民の森までの写真です。

武蔵五日市駅
9:00 武蔵五日市駅を出発

都民の森の石碑
10:20 都民の森に到着

都民の森の売店
10:25 売店近くのトイレ小屋でトイレを済ませる
(ハイキング前に、ここで用を足しておくのがよいです)

 

レポート2/ 三頭山ハイキングの様子

都民の森の看板
10:40 都民の森の看板から、ハイキングスタート

 

イメージ2-2
xx:xx

 

イメージ2-3

イメージ2-4
xx:xx

 

イメージ2-6

イメージ2-7
10:50 三頭大滝に到着(観賞5~10分)

 

イメージ2-8
xx:xx 三頭大滝を少し進み振り返ったときの滝見橋の写真

 

イメージ2-9

イメージ2-10

イメージ2-11
イメージ2-14
(なんかこういう感じ、御岳山のロックガーデンぽい・・)
xx:xx

イメージ2-15
イメージ2-16
xx:xx

 

イメージ2-17
12:20 三頭山山頂に到着

 

イメージ2-18
12:20 三頭山山頂で昼食(30分)

 

イメージ2-19
12:50 三頭山山頂から下山開始

 

イメージ2-20

イメージ2-21

イメージ2-22

イメージ2-23
xx:xx

 

都民の森の売店
14:10 都民の森の売店に到着

 

レポート3/ 数馬の湯

 数馬の湯はこんな感じです。

 

数馬の湯

イメージ3-1

イメージ3-2

イメージ3-3
14:40 数馬の湯
(1時間ほど温泉を味わいました)

 

 

まとめ

 ハイキングサークルで三頭山と数馬の湯に連れて行ってもらいました。面白かったのでまとめてみました。

日帰りで、三頭山ハイキングと数馬の湯を攻略する参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました